甘い話に注意

事務所に支払うお金というものには、一体どういったものがあるのでしょうか。

 

1.登録料・入会金(入学費)
金額は数万円?数十万円と、事務所によって異なります。
ほとんどの事務所で、この費用はかかります。

 

2.レッスン費用
レッスンを行なっていない事務所は、当然無料です。
費用は、1ヶ月あたり1万円?2万円くらいです。(1科目の料金)

 

レッスンの科目を増やすと、加算されていきます。

 

 

テアトルアカデミーの場合、2科目以上のレッスンは固定で約1万円と決まっているので、かなりお得です。
人見知りをしない赤ちゃんに育てるためには、生後間もない頃からレッスンを受けさせると良いでしょう。

 

3.オーディション費用
事務所に入るための選考にかかる費用のことです。
無料のところから数千円が相場です。

 

4.宣材写真・プロフィール作成費・カタログ制作費用
写真は、プロによるスタジオ撮影となると数万円の費用がかかります。

 

また、プロフィール作成費、カタログ作成費も数万円が相場です。
事務所に依頼が来るオーディション用に使用する写真についても、実費になります。
これは、よりスタジオで撮ったものよりも、外でママが撮ったような自然な普段の姿の写真を使用することも可能です。

 

 

書類審査を通過する方法

ここに入れたい!と事務所を決めたら、オーディションを通過しなければなりません。

 

オーディションは、書類選考のみの事務所もあれば、面接を実施する事務所もあります。
こちらでは、書類選考を通過するためのポイントについて、ご紹介します。

 

1.書類に添付する写真
全身が分かる写真や、顔がよく写っている写真を指定されることが多いです。
写真の選定で大事なことは、とにかく笑顔でかわいい写真を使うことです。

 

赤ちゃんには、学歴や資格などで人と差をつけることはできません。

 

とびっきりのかわいい笑顔が、一番の武器となります。
機嫌の良い時や、おもちゃで遊んでいる時などのシャッターチャンスを逃さないようにして、良い写真を撮りましょう。

 

ここで選ぶ写真こそが、選考結果を大きく左右します。
「書類選考=写真選考」と考えて、一番良い写真を使ってください。

 

2.基本項目の記入
誤字脱字に気を付けて、偽りのない情報を記入してください。
目立とうとして、色付けしたりシールを貼ったりということはタブーです。

 

3.自己PRについて
大袈裟に書くことは避けた方が良いです。

 

赤ちゃんは、大勢の大人に囲まれてカメラを向けられると、普段通りに行かなくて当たり前なのです。
だから、普段できていることができなくなる可能性の方が高いです。
他の赤ちゃんより我が子の方が、という気持ちも分かりますが、有利になろうとして色々と書いてしまうと、結果的に自分で自分の首を絞めることにもなりかねません。